NPO法人多摩源流こすげ 村を盛り上げる仲間募集中!

グラディエーションのある 地域との関わり方

グラディエーションのある 地域との関わり方

小菅村で活動していて嬉しいことは、小菅村のことが本当に大好きで、小菅と関わりたいと思ってくれるファンがいることです。

関わり方は人それぞれで、毎週のように小菅村来ちゃう小菅好きさんもいれば、年に一回の地区のお祭りのためにその時期に集中してくる人もいます。

どんな関わり方でも村民にとっては顔見知りの人が来てくれるのは嬉しいことで、元気の源なわけです。

しかし嬉しい気持ちが大きすぎて、地域の人はファンに移住を求めてしまうことがしばしばあります。

地域の都合を言うと、地域の大きな課題のひとつに「人口減少」が挙げられます。
小菅村も昭和30年に2,200人いた人口が右肩下がりに下がり続け、今では人口720人です。

だからどうしても小菅村を好きになってくれる人には、移住して欲しいという気持ちがあったりします。

グラディエーションのある 地域との関わり方

ただこの多様性の世の中では、色々な個人の価値観を受け入れるのがいいような気がしています。

ITのおかげでどこでも仕事ができるようになり、ネット通販で地域に住んでてもなんでも買えるようになりました。

だからこそ都会と地域、仕事と生活は人それぞれ自分の価値観に合わせていくのが豊かな社会だと思います。

移住するかしないかのゼロイチではなく、個人が地域との関わり方を自分で選ぶグラディエーションのある地域との関わり方ができたらいいなぁ。

地域に関わってくれる個人の幸せを大事にする地域活性があってもいいんじゃないかなぁと思う次第です。

地域活性カテゴリの最新記事