NPO法人多摩源流こすげ 村を盛り上げる仲間募集中!

人生100年時代の生き方を地域で実践する

人生100年時代の生き方を地域で実践する

先日、以前通っていたビジネススクール「社会起業大学」のホームカミングデーに参加しました。ありがたいことに社会起業大学の卒業生で活躍している人に送られるSHAKIDAI表彰式で「ライフシフト2018大賞」を頂きました。

思えば以前の職場で働き方に悩み、もっと違った生き方・働き方をしたいと思い社会起業大学に入り、地域活性という生き方・働き方に出会い、それを今まさに実践しているところです。

大きな企業で何万人が使う何十億のシステム作ることより、人口700人の村で、目の前の人のためにITを活用することの方が、自分の生き方にはしっくりきている気がします。

会社を辞めて個人として一歩踏出すってメチャクチャ怖いことだったけど、いまは自分の納得する生き方・働き方ができてて、あぁあの時の一歩は間違ってなかったなぁと、ようやく思えてきました。

今は小菅村の中小企業の業務支援をしたり、村内の個人にクラウドソーシングや事業立上げの支援をしたり、NPOこすげのスタッフとして小菅村のファンづくりや企業連携を進めたりと、新しいことにチャレンジしている毎日です。

こんな働き方で大丈夫だろうかと悩んだときもあったけど、「LIFE SHIFT」を読んだときに、いまの自分の働き方はまさに「インディペンデント・プロデューサー」そのもので、意外と時代に合った働き方ができてるかもと思いました。

住む場所も生き方も働き方も、自分の価値観に合ったものを選べる時代になりました。自分のやっていることがライフシフトの一例として評価されたのなら幸いです。

ありがたいことに自分のことを支えてくれる小菅村の内外の関係者に感謝しつつ、これからも小菅村のために粉骨砕身頑張っていきたいと思います。

働き方カテゴリの最新記事